熱気球部 今年度の活動

熱気球部
1234
2018/08/30

新気球、上士幌町の空を彩る!

| by gojo

8月10日(金)~12日(日)に航空公園で開催されたバルーンフェスティ
バルに参加しました。フライトの条件が
整わず、実施された競技は初日の午後に
行われたパイロッ
ト・ディレアード・ゴール、ヘジティション・ワルツと2日
の午後に行われたジャッジ・ディクレアード・ゴール、フ
ライ・インのみとなり
ましたが、7月に寄贈されたばかりの
新しい気球をお披露目することができまし
た。当日は生憎の
曇り空でしたが、赤白を基調としてスクールカラーの緑を取
入れた球皮は上士幌の空を鮮やかに彩りました。
 熱気球部員はウェルカムパーティでも大活躍。ビンゴ大会の進行を任され、ほ
ろんちゃんのかぶりものパワーも借りな
がら楽しく賑やかなパーティを演出しま
した。




16:27
2018/03/23

放課後係留活動

| by koki
3月22日(木)の放課後、上士幌高校の生徒を乗せるべく係留活動を実施しました。
年度末の慌しい中での希望者募集・実施となったため、生徒職員含め約20名程度の参加となりました。

15:40からの準備段階では、想定以上に風が凪ぎ、「これは大チャンス!!」と内心ほっとしていました。着々とインフレも進み、久しぶりに上士幌高校の放課後に熱気球が現れました!!


(3階の窓から見た風景)

やっぱり、熱気球が立ち上がると、人目を引きますね!
前もって希望していた人以外にも「乗りたい!」という声があがり、嬉しかったです!


(グラウンドの全体像はこちら)

おそらく、今年度最後の気球の活動であったため、無事に多くの人を乗せることができて一安心しました!
次年度はなんとかより多くの上高生を気球に乗せてあげたいものです・・・。


(最大高度は約30m)

さて!こうして上士幌高校の熱気球がフライトするのも夏まで一旦お預けです!
平成29年度内も上士幌町の皆様、十勝のバルーニストの皆様、保護者の皆様からの多大なるお力添えを頂き、上士幌高校熱気球部の活動を展開することができました!

夏の大会でのタスク1位、冬の大会でのタスク2位とチームとしても貴重な経験を重ねることができました。総合表彰されるまでの道のりは険しいでしょうが、上士幌高校の頑張りが多くの皆様に伝わった1年だったのではないかと勝手に感じています。

長くなりましたが、平成30年度の活動についても、ご理解・ご協力、そしてあったかい応援をよろしくお願いいたします!
07:25
2018/03/20

第21回ゆめ気球とかちバルーンミーティング(十勝川温泉)

| by kida
上士幌高校熱気球部です!
3月11日(日)に、音更町は十勝川温泉のホテル大平原で開催された、第21回ゆめ気球とかちバルーンミーティングに参加してきました!

熱気球部の中で、十勝川エリアのフライトを経験している人もほとんどいなくなっていたため、この機会に十勝川のエリアを経験できることは貴重な機会でした。
広大な十勝川を上空から眺めるなんて・・・贅沢なことですよ!



いざ離陸してみると、東風が見当たらず、幕別方面に低高度で流れるか、300m程度の高度で北へ流れるかのどちらかしか選択できませんでした。
・・・といっても、せっかくの十勝川!迷わず十勝川を目指してフライトしました。
十勝川の水面に気球の影が映るまで高度を下げてみると、「なんか怖い」と目前に迫る川に感想を漏らす気球部。晴れていたら綺麗なんだけどね!

およそ2時間のフライトを楽しんだのち、十勝川の沿岸部に着陸。片付けも大変スムーズで、部員達の成長を感じました。やっぱりたくさんの気球が飛んでいる中で活動していくのは面白いものですね!

回収も完了し、参加チームの皆さんと焼肉パーティーを楽しみました。
ここでも部員達のあったかーい心遣いがたくさん見られ、人としての成長を感じた顧問一同でした。

さて、新年度が近づいてきました。運動部活との兼部をしている部員も多いため、熱気球部の活動は少しずつ下火になっていきます。
残りの期間はなんとか係留をやっては上高生を気球に乗せたい!と考えていますので、一週間の天候が落ち着いてくれたらいいなぁ・・・と考えています。

引き続き上士幌高校熱気球部の応援をよろしくお願いします!!
08:48
2018/03/14

上士幌町サプライズイベント①

| by kida
HPをご覧の皆様、おはようございます!
上士幌高校熱気球部です。何かがあれば、すぐに更新する。そんな熱気球部です!

さて、今回は2月16日(金)に行われた上士幌町のイベントに協力させていただきました。写真を2点ほどアップしますので、「いったい何があったんだろう・・・?」と想像してみてください!!


(みんなでせっせと準備中・・・。風もあるし、何より・・・夜!)


(なんとか立ち上げて、バーナー燃射!・・・実はまっすぐ立っていません)

何をしているかわかりますか?
このイベントは23日(金)も実施する予定ですので、情報をつかんだ方がおりましたら、ぜひいらしてください!!

でも、次回も風が強かったら・・・と考えるとゾッとします。もしも再度実施ならば、風が安定することを願っていまーす!(熱気球部一同)

これからも上士幌高校熱気球部をよろしくお願いします!
10:06
2018/02/13

ウインターバルーンミーティング2日目

| by koki
さて、ようやく2日目の報告です。

2日目は午前のタスクのみで、競技は1日目と同様でした。
「午前中は飛べそうだな」と複数の気象データと予報から判断していましたが、いざ航空公園に到着してみると、風が吹く吹く・・・。

全員が揃うタイミングが最初の立ち上げしかなかったので、卒業生の保護者の方にお願いして、集合写真をパチリ。



風が収まるのを待ちながら、周囲のチームがインフレ・離陸と動く様子を見ていましたが・・・。「あれ、地上風強すぎるな・・・」という状況。気球がすごい速さで流されていくんですよ。それなりに覚悟が必要なフライトになりそうだね、と気球部一同苦笑い。



バーナーチェックを終えて、上高もインフレを始めてみますが・・・。
横風に煽られて、むしろ危険な状況。ただちにリップを引いてクラウンの牽引も止め、排気しながら開口部を押さえる・・・。近くにいた商工会の皆さんも協力してくれたおかげで、スムーズに気球を落ち着けることができました!皆さんありがとうございました!
今後の課題にもなりますが、リスクを背負った状況でのフライトを高校生はあまり経験していないので、こういう場合に何をしたらよいのかわからず焦ってしまうのです。気球の構造理解や状況判断にさらに明るくなるべく学ばなければいけませんね!

その後、離陸前だった他のチームも30分程度ウェイティングをかけた後に撤収。気球部も最後の大会フライトをキャンセルすることにしました。強風+雪はダメですね。

そして学校に戻り、片づけを終え、ミーティング。
2位の賞品を山分けし、3年生の最後の挨拶へ。

通称「気球部のシャンシャン」が引退ということで、さみしくなりますが、新チームで頑張っていかなければいけませんね!


(↑2位の賞品)


(シャンシャン最後の挨拶)

長々とした報告になりましたが、これにてウインターミーティングも終了です!
そろそろみんなを十勝川に連れて行きたいなぁ~と思いつつ、まずは学年末考査で頑張ってもらいましょう!

今後も上士幌高校熱気球部をよろしくお願いします!
07:50
2018/02/13

ウインターバルーンミーティング1日目夜

| by koki
上士幌高校熱気球部です!一夜明け、本日ウインターバルーンミーティング2日目です。
2日目の様子をお伝えする前に、初日のウェルカムパーティー等の報告をします!



さすがに夏ほどの参加者もいないので、立食パーティーとはなりませんでしたが、上高OBチームの御三方と昨年の卒業生2名に声をかけてテーブルを囲みました・・・が、あれ?空席がありますね。

実は上士幌高校熱気球部はウェルカムパーティーの際の司会やコーナー担当をやらせていただいているんです!!この写真を撮影したときは、参加チームの代表者挨拶コーナーでして、1年生3人がフロアでマイク渡し係を務めていました。



そして、ステージ上には2年生2名が司会として立っていたわけですね!引退大会ということで、3年生の部長はゆっくり食事タイム・・・。サボっているわけではありませんよ!!

その後の抽選会も、熱気球部全員で一生懸命運営しました。マイクを握り締めて離さなかった2年生の生徒は、組織委員会の方から「上手だねぇ!!」とお褒めの言葉もいただきました。いろいろな経験を積ませてもらい、感謝ですね!

さて、順番は前後しますが、1日目の表彰もありましたよ・・・。
上士幌高校がトライしたのは「HWZ」でしたね!(なんのことかわからない方は、前の記事をご覧ください!)

結果は・・・



第2位(1位は上士幌町のチーム、青空工房さんでした)



その差はなんとたったの「30cm」・・・。上位2チームの結果が3位以下に大差をつけていたにせよ、「30cm」で敗れるとは、悔しいったらありません。
結果を聞いて、気球部一同から漏れる「あ~・・・!」という声。ごめんよ、みんな!一番高い順位、プレゼントできんかった・・・!
(そして、静かに気球部一同、夏のリベンジを心に決めたのであった・・・。)


記事は次に続きます・・・
07:26
2018/02/10

ウインターバルーンミーティング1日目

| by koki
こんにちは!上士幌高校熱気球部です!
本日2月10日(土)~11日(日)の2日間は上士幌町のバルーンミーティングです。

初日の今日は、天候にも恵まれ、午前中は上士幌の空でのフライトを多くの気球が楽しんでいました。やっぱり空を気球が埋めている様子は素晴らしいですね!



さて、本日開催されたタスクはHWZ(ヘジテーションワルツ:複数設定されたターゲットのどれかを狙ってマーカー(砂袋)を投下し、記録を競う)と賞金レースのFIN(フライイン:ターゲット設置場所めがけて飛んでくる競技)でした。上士幌高校熱気球部はFINには参加できなかったものの、HWZではマーカー投下に成功しました!気球に乗っていた部員と一緒に合計3個投げましたが、結果はどうなったのでしょうか。夜のウェルカムパーティーをドキドキしながら待ちたいと思います。(次の写真はマーカー投下後に中間着陸を狙う際のものです・・・)



そして、やや遅刻してしまいましたが、10時からは航空公園で「空飛ぶ抽選会」に協力させていただきました。1年前は私の未熟さゆえに、下で待ち構える子どもたちが雪に飛び込むことになるなど、反省の多い内容となりました。しかし、今回は町から「リベンジのチャンス」ということで機会を再度いたいたわけです

結果は、抽選会自体はうまくいった気がしています(実際はわかりません)。しかし、その後直ちに着陸することを目指したために、周囲の方々にご迷惑をおかけする場面もありました。パイロットとしての安全面への配慮が行き届いていなかったことを反省するフライトとなりました。

熱気球の活動では、安全がなにより大事です。今後一層精進し、気をつけていきます。
カラス天狗の皆さん、ごめんなさい・・・。

そんな反省だらけのフライトも、萩ヶ岡橋付近の着陸で終了。同乗してい気球部の元気娘たちが、片づけを頑張ってくれました!どんどん頼もしくなっていくね!ありがとう!!



さて、これからウェルカムパーティーです。司会は気球部が担当します。
頑張れ、みんな!!
14:35
2018/02/05

今年度初!?ゲストフライト!

| by koki
上士幌高校熱気球部です!去る2月3日(土)にゲストフライトを実施しました!
今回は「熱気球に興味をもってくださった」莖田先生と息子さんに搭乗してもらいました!いろいろなことが起こりました・・・絵文字:絶望 その様子も報告しますね!

朝7時。学校集合。予報通りに風は強い。9時頃からは落ち着くようだったので、ワゴンに積み込みをしてウェイティング(~8時15分)。宿泊研修を終えたばかりとは思えない元気を発揮する1年生を見て顧問もにこやか。今日は働いてもらいますかね・・・。

8時20分。航空公園へ移動。地上の風は気になるが、フライト可能と判断。せっせとレイアウト作業へ。大会も間近!クルーには自分で作業をこなせるようになってもらわなければ・・・と、任せることに。課題は以下のとおり。

(1)リジットとバーナーのカラビナ接続部のつなぎ方が間違っている
   →足寄の気球で混乱してしまったのか・・・!?
(2)クラウンロープをなぜインフレ時に引くのかがわかっていない
   →気球の立ち上げ安定のためには超重要!!

う~ん、伝えてきたつもりになっていたかもしれない。と反省。

そんなことを考えながら、インフレを進めていると、もっと大きな事件が発生しました。

「ビリビリビリッ・・・!!!?」

なんと、スクープ(球皮の下部についている三角形の風除け部分)が真ん中から裂けていくではありませんか!熱の入りが悪くなったりするので、問題は大きい・・・。
しかし、大会直前の出来事なので、修理に出すわけにもいかず。なんとか一週間は頑張ってもらいたい・・・!(町内チームの皆さんに手伝って頂き、その場はなんとかなりました!ありがとうございました!!)

8時38分。離陸。折角のゲストフライトということで、景色>予定航路で飛んでしまいました。雲底が低かったので、どうだろう・・・と思ったら!



わかりますか。雲と雲の間に出ることができました!
雲海とはまさにこういうこと。高度は約4,000ft(約1333m上空)。
ゲストにもよろこんでもらえたようでなにより!

その後は、高高度で北西に流れたために、上音更の牛舎にはまり、持久戦へ。
航路優先にしておけば、低空→上士幌高校が狙えたんだろうなぁ・・・とやや反省。

約2時間のフライトを終えるべく、アプローチをかけるも、サーマル(上昇気流)を受けるように、気球がまるで降りない。道路に定めるも、直前に電気工事車が通過するところだったため、回避。「まだいける!」とリップを握るも、着陸予定地点にワゴンが!!「これは諦めよう・・・」と道路作戦は失敗に終わりました。その後着陸はしたものの、着陸優先のハードランディングとなりました。着陸のへたくそさは本当に反省しないといけないですね・・・。

その他にも多くの経験を積むことができたゲストフライトとなりました!
熱気球部員は楽しそうに頑張ってくれています。今後も応援をよろしくお願いします!
10:57
2018/01/29

極寒のネイパル足寄ボランティア係留

| by koki
みなさん、いつもお世話になっています。上士幌高校熱気球部です!

1月28日(日)の朝5時半に上士幌を出発し(-15℃)、途中足寄湖付近で温度計に驚き(-23℃)、6時過ぎにネイパル足寄に到着しました(-18℃)。

6時15分からは、係留の準備に入っていきましたが・・・、心配は的中。


写真の通りですよ。髪の毛、まつげ、眼鏡・・・が凍りつく寒さ。
準備している間、容赦なく襲ってくる寒さに、熱気球部員が次々とやられていく・・・。
気候変動で人類が・・・という映画はたくさんありますが、現実世界でもこんな風に体感できるんです。いやぁ~自然ってすごいなぁ。

私が気球部顧問としてお世話になって以来、寒さに対して最弱といっても過言ではないチームなので、待ちが多い係留活動は過酷そのものだったわけです。途中、輪番で休憩をしましたが、寒いことに変わりはありません。結局7時半~11時半まで、みんなで頑張りました。



さて、係留の実際もお伝えしますね。応援にかけつけてくださった、柏葉高校の上村先生と交代しながら、約150人以上に搭乗体験をしていただきました。大気は安定し、素晴らしかったのですが、11時半を回ったあたりで、本当に突然の突風が・・・!風速0~1mだったのが、4m程度に変わり、気球は一時暴走。あわてず、周囲に安全を呼びかけながら、デフレーションへ移行しました。サーマル(上昇気流)のように、風で浮くものですから、すごい光景だっただろうなぁ~と思っています。熱気球部も初めての経験に驚き、慌ててしまいました・・・。

熱気球はとても安全なスカイスポーツです。自然に逆らわず、適切に判断し、冷静に対応することで、その安全性を保証できるものです。気球部にはまだまだ学ぶことがたくさんあるなぁ!と再確認できた、極寒のボランティアでした。

今後も上士幌高校熱気球部をよろしくお願いします!
07:55
2018/01/29

上士幌の空に・・・5機!

| by koki
上士幌高校熱気球部です!いつもお世話になっております!

1月27日(土)の朝、上士幌でのジョイフライトを実施しました。
「気球ひろめ隊」のネットワークを通じて、町外から2チームにも遠出をして頂き、これで3機!
さらに、上士幌町が現在行っている熱気球人材育成事業のトレーニングフライトもいて、4機!
さらにさらに・・・!追加で1チームがやってきて、5機!
そんな贅沢なフライトとなりました。町内の皆さん、ご覧になりましたか・・・?

さて、冬のウインターバルーンミーティングが近づく中、上士幌高校熱気球部もクルーのレベルアップに挑戦中です。楽しみながら、一生懸命な部員たちは素敵なのですが、まだまだ大会で求められる段階までは進化していません。厳しい話も受け止めながら、みんなで頑張っていきますよ!!

この日のフライトは、航空公園を離陸し、航空公園に戻ってくるフライトとなりました。
高高度は南西の風、中高度で南東の風、低高度で東の風、地上風は北の風と、実に多様で、大会を意識したフライトには絶好の練習となりました。
残念ながら、私の未熟さゆえ、離陸地点にピンポイントランディング!とは行きませんでしたが、離陸地点から100m以内(航空公園)に着陸できました。うーん、我慢強さが足りなかった!

2月は熱気球の北海道シリーズが始まります。富良野、上士幌、和寒、摩周湖と展開されるようですから、お時間ある方は、顔を出してみてはどうでしょうか!

今後も熱気球部をよろしくお願いいたします!



07:38
1234