令和2年度 PRポスター

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
 

「天穹のバロン」


上士幌高校の熱気球部を舞台とした小説です。
天穹のバロン概要  連載第1回目はこちら

 

サッカー部 大会結果

サッカー部
1234
2020/07/04

【サッカー部】こういうこともある!

| by sakaguchi

ご存じの方も多いかと思いますが、上士幌高校には日本で2校しかない「熱気球部(局)」があります。

少し前のことになりますが、コロナ感染拡大による臨時休校明けの6月上旬の土曜日、部活動にやってきた部員たちは、思わぬご褒美をいただきました。

部員たちが学校にやってくると、熱気球部がグランドでフライトの練習をしており、ご厚意で希望する部員を気球に乗せていただきました!「今日、部活に行ったらさぁ、グランドで気球あげてて、『乗らないかい?』って言われたから乗せてもらったさ!」ほかの学校さんではまずありえないことだと思います。

しかし、今年の1年生には高所恐怖症の人が多いようで、「いや、遠慮しておきます…」と断りながら、気球から遠ざかって行きました…。

熱気球部員・顧問の先生方、上士幌町の熱気球指導者の皆様、本当にありがとうございました。また、機会がありましたら私もよろしくお願いいたします!


 




09:34
2020/07/04

【サッカー部】選手権に向けて

| by sakaguchi
上士幌高校は、7月3日(金)から前期中間考査に向けたテスト準備期間に入りました。部活動の再開はテスト最終日の7月13日(月)となりますが、テスト明けの7月中・下旬に多くの練習試合を予定しています。

現在、上士幌高校は足寄高校との合同チームで選手権大会地区予選への出場を目指しています。もちろん、合同練習は週末に限定されますし、両校のテスト時期がズレていますので、単独チームとは違う難しさがあります。しかし、その一方で、単独チームではできない経験をすることも可能です。

例えば、出会うはずのなかったチームメイトとの出会いがそれです。サッカーに限らず、部活動においては「人間的な成長」が一番大切です。同じ学校の気心の知れたチームメイトとサッカーをするのも素晴らしいことですが、新しい人間関係に足を踏み入れたり、自分を表現したりする勇気を持つことは、高校生にとって、とても貴重な体験になるはずです。

まだまだチームとしてはまとまりがありませんが、限られた合同練習・練習試合の中で、個人としても、チームとしても成長していってほしいと思います。

09:07
2020/05/26

もうすぐ始まるか!?

| by sakaguchi
現在、生徒は分散登校期間です。部活動は禁止です。
しかし、昨日、緊急事態宣言が解除されましたので、このまま行けば来週の月曜日から部活動が再開されます。

新入生が入学してから、登校日数わずか8日間で臨時休校になってしまいましたので、サッカー部の新入部員(現時点で3名)は、まだほとんど練習に参加していません。また、2・3年生は練習ができない状況のまま、高体連支部予選ならびにインターハイが中止となってしまいました。3年生にとっては最後の高体連でしたから、残念でならないと思いますし、顧問としてもなんと声をかけてよいのかわからない状況です。チームにはマネージャーも含めて3人の3年生が在籍していますが、進路活動と部活動とを天秤にかけながら、引退するのか、継続するのかを判断しなければなりません。

まずは一日も早く、生徒と一緒に芝生の上で走り回り、ボールを蹴りたいものです。


16:07
2020/01/21

今年度の公式戦が終了しました(サッカー部)

| by sakaguchi
2019年度の全公式戦が終わりました。

1月9日(木)、十勝地区高校世代・今年度最後の公式戦が池田町総合体育館を会場に、プレイヤーズカップ全十勝高校フットサル大会が行われました。結果は1試合目・白樺B戦1-3、2試合目・音更B戦2-3の2敗で、予選リーグ敗退となりました。

今年も公式戦での勝利を収めることはできませんでしたが、選手たちはよく頑張っていたと思います。この責任は監督の力不足です。

さて、本校はこれから1年生の宿泊研修、後期期末考査、高校入試と忙しい時期に入ります。従ってサッカー部は3月中旬までオフシーズンに入り、平日のトレーニングやミニゲームが中心となります。「蹴る」「止める」「走る」というサッカーの基本の質を高めながら、雪解けを待ちたいと思います。チームとしても個人としても課題は盛りだくさん。継続的に努力を続ける習慣を身に付ける機会としてほしいです。



18:36
2020/01/07

2020年 明けましておめでとうございます!(サッカー部)

| by sakaguchi
雪の非常に少ない新年を迎えました。

あけましておめでとうございます。サッカー部復活6年目となりましたが、本年も上士幌高校サッカー部をよろしくお願いいたします。

さて、本校サッカー部は、現在、選手8名、マネージャー2名、顧問3名で、1月9日の「プレイヤーズカップ全十勝高校フットサル大会」に向けて練習に取り組んでいます。

昨年12月28日に「蹴り納め」、新年1月5日に「蹴り初め」を行いましたが、帰省中・冬休み中のOBが練習に参加してくれてました。復活初年度のOBもおり、昔を懐かしみながらフットサルを一緒に楽しみました。

(2019/12/28)

(2020/1/5)

(2020/1/5)

現在も部活動を続けている3年生2名も、プレイヤーズカップで一応「引退」となります。今年度はまだ公式戦での勝利を挙げていません。ぜひとも「1勝」を目指し、チーム一丸となって頑張ってほしいと思います。

ちなみに、本日1月7日は清水高校さんとトレーニングマッチを行います。



09:03
2019/12/18

フットサル・シーズン真っ最中

| by sakaguchi
久しぶりの更新です。

現在、十勝の高校サッカーはフットサルシーズンの真っ只中です。
12月7・8日に全道ユースフットサル選手権十勝地区予選が行われました。
練習試合でもお世話になった芽室さん、帯広柏葉さん、音更さんと予選リーグを戦いましたが、残念ながら勝ち点を挙げることはできませんでした。

しかし、チームとしての成長を感じた場面もありました。今年のサッカー(11制)は公式戦で得点を挙げることはできませんでしたが、同大会では全員(3年生2名、2年生1名、1年生5名)が出場し、3試合で5得点!チームとしては大きな成長です。もちろん、それ以上に失点をしたわけですが、一歩前に進むこととができた大会でした。

次の大会は、年が明けて1月9日(木)、池田町総合体育館で行われるプレイヤーズカップ全十勝高校フットサル大会です!予選リーグは「白樺学園B」「音更B」と同組となりました。冬休み中も様々なチームと対戦する中で、チームとして、選手として、人間としての成長を目指します!

18:16
2019/07/10

選手権に向けて(サッカー部)

| by sakaguchi
学校祭が終わりました。

学校祭の準備期間はチームとしての活動がほぼお休みでしたが、8月24日(土)から高校サッカー選手権大会十勝地区予選が始まります。そのため、今後の土日と夏休みは練習試合や遠征を主体とした実践的なトレーニングに取り組みます。

7月9日(火)は学校祭の振替休日でしたが、江陵高校さん、幕別清陵高校さんと合同練習を行いました。普段よりも多くの選手や他校の生徒との練習に戸惑っている部員もいましたが、技術や意識の高い選手達と一緒に練習する機会を持てたことは、非常に貴重であったと感じています。今回の合同練習での経験や思いをチームの練習にも生かしていくことができれば、個人としても、チームとしても、一段階昇ることができるはずです。

サッカー部の活動に対外試合や遠征を入れる目的は管理能力(※)と社会性の向上です。良くも悪くも「高校」という場所は、ある意味、非常識な場所であると思います。一般社会では許容されないことでも許されることがあるからです。ただ、「高校」の中だけにいてはその非常識に気付くことは難しいものです。だから、一人ひとりが目には見えない「社会常識」を身に付けるためには「外に出かけて、自分(たち)と他を比べてみる」ことが重要なのです。

※上高サッカー部における「管理能力」とは、「時間・道具・体調」を管理する力のことです。

体力を付けることやサッカー技術を高めることは重要です。しかし、それ以上に社会で生き抜く力を、部活動を通して身に付けていってほしいと願っています。







08:38
2019/05/23

高体連の結果(サッカー部)

| by sakaguchi
 高体連サッカー競技が、幕別町札内川河川敷サッカー場を会場に始まりました。

 初日(5/23・木)は、1回戦2試合が行われ、上士幌・士幌の合同チームは強豪・白樺学園高校と対戦し、0対10(前:0対4、後:0対6)で敗退しました。それでも、多くのすばらしいプレイやがんばる姿が見られ、ベンチで見ていて心を熱くさせてもらいました。おじさんですが・・・。

 1年生4名は70分間フル出場を果たし、キャプテンは約5ヶ月半ぶりに公式戦のピッチに立ちました。また、最終ラインでカバーリングに奮闘する場面やキーパーもかわし、待望の1点をもぎ取るかと思われたシーンもありました。さらに、今年に入って、マネージャーから選手に転向した3年生は出場した65分を懸命に走りきり、益々サッカーが楽しくなったようです。ベンチにはこれまで同様、黙々と雑用をこなし、スコアを付けるマネージャーの姿がありました。
 サッカーは目に見えないところで、多くの人に支えられているスポーツです。それを感じられる人になってほしいと思っています。

 3年生は進路の関係で、今後の部活動がどうなるかはわかりませんが、次は今よりもたくましくなって、8月下旬の選手権地区予選に戻ってきたいです。

 会場まで駆けつけてくださったご家族の皆さん、本当にありがとうございました。負けた責任は、全て監督にあります。選手は一人残らずがんばっていました。






16:22
2019/05/07

GWの活動について

| by sakaguchi
上高サッカー部が復活後、5年目に入りました。

話は変わりますが、悲しくも昨日で終わりを告げたGW(ゴールデンウィーク)は、私の記憶の中では最も長いものでした。しかも、強風の日はあったものの、天候にも恵まれ、サッカーを愛する人たちにとっては、最高の10日間だったと思います。

上士幌高校サッカー部は、現在、選手9名(3年2名、2年2名、1年5名)、マネージャー1名(3年1名)で活動しています。

4/28は芽室高校と、4/30は池田高校とそれぞれ練習試合を行い、5/3と5/5は「春季サッカーフェスティバル十勝大会」に参加しました。いずれの試合も得点することができず、大敗する試合も少なくなかったですが、チームとしても、個人としてもゆっくりと確実に成長していると思います。

サッカーの目的の1つはもちろん「勝つこと」ですが、それが全てではありません。さまざまなチームとの対戦を通して、色んな経験を積み、苦しいことや辛いことを乗り越えてサッカーを長く続けてほしいと願っています。そのためには、「サッカーをすること」が重要です。当たり前ですが。

5月23日(木)から高体連十勝支部予選が始まりますが、まだ2週間ありますので、1つずつ課題をクリアしながら、本番に備えたいと思います。

11:06
2019/02/06

現在、オフシーズンです。

| by sakaguchi
 2月の中旬に後期期末考査があり、現在サッカー部の活動はお休み(~2/18)です。どうしても1月下旬~3月上旬は忙しさやテスト、高校入試、公式戦がないことによるモチベーションの低下によって、部活動に力が入らない時期になってしまいます。

 ただ、十勝の高校サッカーは、比較的フットサルが盛んなこともあり、体を十分に休めたり、他のことにチャレンジしたりすることが難しいように思われます。従って、この時期はサッカー以外のスポーツや文化的な活動(読書・映画鑑賞など)に力を入れるのも良いでしょう。

 しかし、現2年生にとって最後となる高体連まで、約3ヶ月半しかありません。ジョギングやストレッチ、筋トレなど、最低限の体力は維持して欲しいところです。

 今年はもしかしたら、雪解けが早いかも知れません。例年では4月の上旬には練習試合を行っています。そのことを考えると、これからの2ヶ月間で体づくり・体力をづくりをしておきたいものです。

 春に芽を出すための努力はしておきましょう。

17:14
1234