サッカー部 大会結果

サッカー部
12
2018/05/18

高体連の初戦は

| by sakaguchi
 4ヶ月ほど更新をしていませんでしたが、今年は2人の新入部員が加入してくれて、マネージャー1名と顧問3名を含めて計14名でひっそりと活動中です。

 新年度からは本格的に士幌高校さんと合同チームを組み、4月から十勝管内の様々な高校やチームの胸を借りています。

 まだまだ課題は山ほどありますが、少しずつチームとしての方向性が見えてきました。今週末の日曜日は、足寄高校さん・広尾高校さんの合同チームと高体連前最後のテストマッチを行います。その中で、これまでの課題を1つでもいいから克服し、25日(金)の高体連2回戦「白樺学園高校戦」に挑みたいと思います。

 私たちには失うものはありません!全力で立ち向かう準備をするだけです!サッカーは強いチームが勝つのではなく、勝ったチームが強いのだと思います!

 今はケガとカゼに注意しましょう!
17:14
2018/01/12

念願の初勝利!

| by sakaguchi
 フットサルはサッカーに比べて、試合時間が短く、ピッチが狭いため、「先制点を取る」ことが勝つためには非常に重要だと思います。また、試合の入りが固いと、自分たちの力を十分に発揮できないまま試合が終わってしまう、ということも少なくありません。ですから、私達のような力のないチームは、失敗を恐れず思い切って向かっていくことが絶対的に重要だと思います。

 プレイヤーズカップの予選リーグ1回戦・池田A戦の前半は、入りが固く粘り強いディフェンスができないまま4失点を喫してしまいました。それでも、後半は相手コートに攻め込む場面やフリーでシュートを打つ場面も見られ、ようやく自分たちらしい懸命なプレイをすることができたように思います。
 結局、前半の4失点の差を埋めることができず、初戦は0-4で敗戦してしまいました。

 予選2回戦の帯広三条A戦は、キャプテンの浅野くんにとって、高校最後の試合となりました。相手は強豪校ですから、自分たちが引いたり、気持ちで負けては絶対に勝つことはできません。チームには試合開始の最初の1秒から全力で行くように指示をしました。決して、華麗なパスワークや豪快なシュートではありませんでしたが、最後まで戦い続け、チーム復活後初めての得点と勝利を挙げることができました。
 
 今年の公式戦を振り返ると、数え切れないほどの失点をしてきましたが、それでもサッカーをやめずに続けたことが、初勝利の喜びにつながったと思います。うまくいかなくても、あきらめることなく地道に続けることができたことは勝利以上の価値を持っているのではないかと思います。

 今年度最後の公式戦で、信じられないという表情でベンチを後にする彼らを見ながら、とてもうれしく思いました。そして、充実した顔で引退のことばを述べた粘り強いキャプテンに大きな拍手を贈りたいと思います。
14:26
2018/01/12

今年度最後の公式戦「プレイヤーズカップ」

| by sakaguchi
 1月11日(木)に今年度の最後の公式戦となる「第40回プレイヤーズカップ全十勝高等学校フットサル大会」が帯広市総合体育館を開場に行われました。本大会は、上位大会につながるものではありませんが、今年度最後の公式戦であり、唯一の3年生・浅野くんにとって最後の活動となりました。

 上士幌高校サッカー部は今年度の5つの公式戦全てに出場(合同チームによる出場含む)しましたが、いまだに得点を挙げることができていません。また、サッカー部が復活して3年が経ちますが、単独チームでの勝利を挙げたことがまだありません。
 キャプテンの浅野くんは「みんなで一生懸命に楽しくサッカーができれば良い」と普段から話をしてはいましたが、顧問としては彼が卒業する前にどうにかチームが得点を取り、勝つ喜びをチームで分かち合いたいと考えていました。

 プレイヤーズカップの予選は3~4チームのリーグ戦で、上士幌高校は「池田高校A」と「帯広三条高校A」と同組となりました。両チームとも実力のあるチームで、自分たちの持つ100%以上の力を発揮しなければ勝つことはできない相手です。反対に言えば、相手にどのような選手がいるとか、どんな戦術であるとか言う前に、自分たちが全力で戦わなければ、1勝どころか得点を挙げることすらできません。

 ただ、このところの鹿追高校や芽室高校との練習試合の中で、今まで見られなかった得点パターンや素早い攻守の切り替えからの粘り強いディフェンスが見られるようになっていましたから、「自分たちの全力を出すことができれば良い試合ができるかも知れない」と感じていました。(続く)
14:10
2017/10/22

フットサルシーズン到来

| by sakaguchi
道内にはすでに初雪を観測した地域もありますが、ここ十勝にも近いうちに初雪が降りそうです。

さて、上士幌高校サッカー部は、先週から練習場所を室内に移行し、フットサルの練習が始まりました。

もちろんサッカー部であり、フットサルチームではないのですが、雪に包まれる期間の長い北海道においては、技術の向上や体力、モチベーションを維持するためにもフットサルは非常に重要な手段となります。

今日は幕別札内FCさんからお誘いをいただき、フットサル交流会に参加しました。結果は全敗でしたが、自分達の力と課題を意識することのできた良い機会となりました。

課題を明らかにしても、それをクリアしなければ、なんの成長もありませんので、明日からまた練習に励みましょう⚽
18:25
2017/10/04

今シーズンのサッカー公式戦終了

| by sakaguchi
サッカーシーズン最後の公式戦となる高校サッカー新人大会が9月30日から、帯広の森、中札内交流の杜を会場に行われています。

上士幌高校サッカー部は、士幌高校との合同チームで出場しました。

対戦相手は力のある池田高校でした。以前の練習試合では、コテンパンにやられましたが、少しでも戦える時間帯があれば、と思いながら試合に臨みました。

スピード、技術、コンビネーションで上回る池田に終始押されていましたが、チームとしてボールを奪う場面や相手ゴールに迫る場面もあり、大きな成長が感じられました。

結果は0対6でしたが、顧問としてはフットサルシーズンに向けて実りある敗戦だったと感じています。
01:10
2017/10/04

惨敗

| by sakaguchi
8月の下旬に行われた高校サッカー選手権大会の地区予選に、野球部の力を借りて上士幌高校単独で出場しました。

対戦相手は強豪帯広緑陽高校でした。相手の高さと速さに圧倒され、まれに見る大量失点で惨敗でした。

それでも部員は足を止めることなく、必死に頑張りましたが、サッカーの難しさ、厳しさを痛感した大会でした。
01:00
2017/07/23

単独チームで選手権地区予選出場へ

| by sakaguchi
高校生活最大の行事である学校祭が終わり、間もなく夏休みを迎えます。そして、夏休みが終わると高校サッカー界最大のイベント・全国高校サッカー選手権大会の十勝地区予選が中札内交流の杜を会場に開催されます(8/26~)。

5月の下旬に行われた高体連支部予選は本別高校との合同チームで戦いましたが、選手権は単独チームで出場しようと考えています。

そうはいっても、部員数はギリギリですから、かなり厳しい戦いになると思いますが、これから1ヶ月間、出来る限りの準備をして、大会に臨もうと思います。

今日は帯広南商業さんとの練習試合を行いましたが、改めて感じたのは、「走る・蹴る・止める」ことの重要性でした。この3つは当然のようで奥深く、選手権までにまずは「走る・蹴る」を強化し、考えながら一生懸命みんなで走るサッカーを目指したいと思います。

今年の夏は暑いですが、その暑さに負けず頑張りたいです❗
23:55
2017/05/11

本別高校と合同で高体連出場

| by sakaguchi
上士幌高校にサッカー部が復活して3年目を迎えました。

今年度は現時点で6名の新入部員が加入し、3年生1名、2年生4名、1年生6名、マネージャー1名の計12名で活動中です。

しかし、現在、稼動できる選手が10名であるため、本別高校サッカー部さんと合同チームを組み、計11名で5月25日から始まる高体連に出場することになりました。

GW中は高校サッカー春季フェスティバル帯広大会に出場したり、練習試合に臨んだりとサッカー部らしい連休を過ごすことができました。サッカーを始めたばかりの選手もおり、まだまだ課題は山積みですが、高い次元でサッカーの面白さを感じてもらいたいと思っています。

高体連まであと2週間となりましたが、今週末も芽室高校さんと音更高校さんとの練習試合が控えていますので、自分たちの課題を意識しながら、1試合ごとに成長していってもらいたいと思っています。
18:59
2016/10/28

いろいろなチームと

| by sakaguchi
現在、上士幌高校サッカー部は、12月10日の フットサル選手権大会、十勝地区予選に向けて、いろいろなチームと連続試合を行う予定です。


10月8日には士幌高校さんとの練習試合を本校体育館で行いました。

また、10月22日は芽室高校さんにお邪魔し、練習試合を行いました。

まだまだ、チームとしてのまとまりや戦術が浸透しておらず、対戦相手によって自分達のやることが変わってしまうような状況です。

どんな相手でも、焦らず自分達のゲームをするには、体力だけでなく、ワンタッチ目のコントロールの技術や顔を上げて状況を判断する習慣を身に付けなければ勝負にはなりません。

本当に勝ちたいならば、自分に足りないもの、チームに足りないものを常に意識して地道に練習をするしかありません。

普段の練習では部員数の関係で、5対5のゲームを行うことができませんので、他校さんとの練習試合は上士幌高校サッカー部にとって、非常に貴重な機会です。

その機会を自分達の成長につなげるためにも、目的をしっかり持って日々の練習に励んでいきたいですね。
09:00
2016/10/01

フットサル選手権地区予選 2ヶ月前

| by sakaguchi
今日からユース新人大会が始まりました。

上高サッカー部は、新人大会には出場していませんが、2ヶ月後にフットサル選手権地区予選が待っています。


先日、士幌高校サッカー部さんを上士幌高校体育館に迎え、練習試合を行いました。


単独チームとしては初めての練習試合でしたが、自分たちがどの程度戦えるのか、チームや個人の課題は何であるのかが少しだけ見えたような気がします。


これからは可能な範囲で練習試合を行い、少しでも試合経験を積んでいきたいと思います。


部員が少なく、交代があまりできないので、体力を付けていくことがこれからの課題の1つです。


また、得点をとるためにボールをつないでいるわけですから、チャンスがあれば自信を持ってシュートを打てるようになってほしいな。


課題はまだまだ山積みですが、一日一日を大切にしてほしいところです。
22:00
12