令和2年度 PRポスター

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
 

「天穹のバロン」


上士幌高校の熱気球部を舞台とした小説です。
天穹のバロン概要  連載第1回目はこちら

 

CSコーディネーター通信

本校CSコーディネーターが綴る学校の様子です
1234
2020/10/13

読書コーディネーター便り

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
みなさん、こんにちは!
読書コーディネーターの森です。

図書室に新しい本が入荷しました!
現在、図書委員会の生徒が中心となり、本の装備や配架を行っています。

先日の昼休みに、本が汚れたり壊れたりすることを防ぐため、透明なブックカバーつけを行いました。
慣れるまではなかなか難しい作業ですが、生徒たちはとても丁寧にカバーをつけていました。

装備が完了した本から、図書室内の丸テーブルに新刊として配架しますので、皆さんぜひ新し本を借りに来てくださいね。


09:40 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/10/13

フロンティアリーダー養成講座報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
10月8日(木)に町内にあるharetaにて、フロンティアリーダー養成講座の報告会があり、上士幌高校の生徒2名が事業提案を行いました。

今回発表した上高生2名は、先月ネイパル足寄で行われた道教委主催の「フロンティアリーダー養成講座」に参加し、他市町村の中高生と共に、それぞれの地域の課題や解決策を考えてきました。

そして、大勢の地域の大人を前に「お年寄の方と子どもの交流」「勉強の楽しさを知ってもらう」というそれぞれのテーマで堂々とした発表を行いました。

これから2人は周りの力を借りながら、実現に向けて動き出していくということで、とても楽しみですね。


09:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/10/09

読書コーディネーター便り

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
みなさん、こんにちは!
読書コーディネーターの森です。

今まで月曜日の午後だけ上士幌高校図書室に在室していましたが、9月から金曜日も在室することになりました。(昼休みから15時30分まで)
ぜひみなさん来てくださいね!


ここからは、最近の図書委員会活動をご紹介します。
新たな活動として、廊下の掲示板に「新聞コーナー」をつくりました。

図書委員会の生徒が、新聞の中から気になる記事を選び、廊下の新聞コーナーに掲示しています。
今回は、図書委員会の3年生が、上士幌町や士幌町の記事を見つけ、掲示板に貼り付けてくれました。
図書室掲示板を使って、図書委員会から気になる話題を発信していければと思っています。


14:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/10/09

【上士幌学】農業

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
今回の上士幌学では、6月にお世話になった上士幌町農業協同組合青年部の小林悠樹様のほ場(畑)にて、上士幌町農林課の山﨑大地様のレクチャーのもと、再び作況調査を行いました。

てん菜は土が見えなくなるほど葉が茂っており、実際に抜いてみると想像以上に重たかったようです。



6月には草丈と葉数を計測しましたが、今回は根の最も太い部分(根周)を計測しました。



春まき小麦は収穫されていたため、まだ短い秋まき小麦の草丈を計測しました。



そして、前回小麦が植えられていたところには緑肥が植えられており、収穫せずにそのまますき込むため、本来は作況調査をあまり行わないようですが、草丈を計測してみました。



小豆と馬鈴しょは収穫後だったため、前回との比較は直接できませんでしたが、その代わりに輪作の様子を学ぶことができました。

学校に戻って集計表からそれぞれの平均値を出し、十勝総合振興局の管内作物の生育データと比較し、学びを深めました。


13:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/10/05

【上士幌学】旧国鉄士幌線

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
今回は旧国鉄士幌線について学ぶために、第三音更川橋梁(きょうりょう)と上士幌町鉄道資料館の見学をしました。

黒石平にある第三音更川橋梁は、北海道遺産の旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも、北海道一の大きさを誇ります。
現在は、「第三音更川橋りょう保全および活用事業」により、補修工事の最中でした。



旧糠平駅にある上士幌町鉄道資料館には、士幌線の歴史についてのパネルや、昔使われていた道具や模型などが展示されていました。



また、大型テレビ画面では列車の運転台から見た士幌線の風景を見ることができ、今現在暮らしている地域との比較を楽しみながら、士幌線について学ぶことができました。


09:57 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/09/30

【ライフデザイン】認知症サポーター養成講座

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
3学年選択科目「ライフデザイン」では、上士幌町地域包括支援センターより保健師の松下恵様をお招きし、「認知症サポーター養成講座」を実施しました。



認知症サポーターは、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることがスタートです。
「なにか」特別なことをする人ではなく、認知症やその家族の「応援者」になります。

受講後には認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただき、早速腕につける生徒もいました。


13:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/09/18

【上士幌学】十勝しんむら牧場

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
今回は、ミルクジャムで有名な「十勝しんむら牧場」にお邪魔しました。
十勝養蜂園同様、町内で6次産業に取り組む企業の一つです。

まずはパノラマテラスにて絶景を楽しんだ後に、新村浩隆社長から放牧についてのこだわりをはじめとした牧場についてのお話をしていただきました。
牛を牛らしく飼いたかったため、放牧を選んだそうです。



その後、5年前に飼い始め、今では約100頭いる放牧豚を見させていただきました。
生まれて約3週間のミニブタがちょこちょこ走るかわいい姿も見ることができました。



最後には牧場のど真ん中にあるクリームテラスにて、放牧牛乳と放牧牛乳を使ったソフトクリームを味わいました。
放牧牛だからこその濃厚さと自然の甘みを感じることができました。


10:22 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/09/11

【上士幌学】移住者インタビュー

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
 今回は「移住者に聞く・移住者と語る」をテーマに3名の方をお招きしました。
1人ずつ上士幌町に移住した理由をお話ししていただいたあとに、3つのグループに順番に入っていただき、「都会と上士幌町の違い」や「上士幌町の良さ」等の生徒の純粋な疑問に答えていただきながら交流をしました。

1人目は、前回の授業でお世話になった株式会社生涯活躍のまちかみしほろで働く倉嶋香菜子さん。
全国を旅する中で初めて「ここに住みたい!」と家族全員で思い、今年の2月から移住してきたようです。



 2人目の伴公夫さんは、東京でのサラリーマン生活を終えて昨年10月に移住。
上士幌町の1番の魅力は、どれだけお金を出しても買うことのできない「自然」だと熱く語ってくださいました。



 3人目はNPO法人上士幌コンシェルジュの川村昌代さん。
上士幌町出身の川村さんはUターンをして現在は町内で移住促進の仕事をしており、今回の移住者のコーディネートもしてくださいました。
移住者ではありませんが、多くの移住相談に乗った経験を踏まえて、受け入れ側の想い等をお話していただきました。



 生徒からは「私たちが見慣れている景色は都会の人からすると絶景だということを知れてよかった」「いつも何気なく水道の水を飲んでいたが、それは本州では驚かれるんだなと思った」「近所とのつながりは当たり前だと思っていたが都会ではあまりないことがわかった」等の感想があり、改めて上士幌町を考えることができたようです。
15:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/09/07

【上士幌学】まちづくり会社

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
先週の上士幌学では、起業家支援センター「hareta(ハレタ)」を訪問し、そこに事務所を構えているまちづくり会社「株式会社生涯活躍のまちかみしほろ」の宮部直人さん、西村剛さんにお話していただきました。



まちづくり会社では、若者の完成をまちづくりに反映させるべく「MY-MICHI PROJECT」という滞在型体験プログラムを実施しており、現在そのプログラムに参加中のJICA青年海外協力隊訓練生の中山舞子さん、瀬谷友啓さん、田中亮さん、渡邉史也さんの4名がそれぞれJICAに参加しようと思った経緯などをお伺いすることができました。

「どんなことでもいいから自分の好きなものに向き合ってほしい」「今あるチャンスを逃さないことが大切」などの熱いメッセージに、生徒はいつも以上に真剣に耳を傾けていました。



生徒が質問するだけでなく、逆にJICA訓練生から質問を受けるなど、双方向のコミュニケーションをとることができ、学ぶことの多い時間となりました。

そして最後には、一瞬だけマスクを外して集合写真を撮らせていただきました。
JICA訓練生の皆さんは11月下旬まで町内にいるようなので、この先もお会いする機会があるかもしれませんね。


08:57 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/08/31

【上士幌学】十勝養蜂園(tobachi)

Tweet ThisSend to Facebook | by CS_akashi
先週の上士幌学では、十勝養蜂園が経営する、鉄板焼きレストランtobachi(トバチ)に行き、第6次産業やはちみつについて学びました。

tobachiは、廃校になった旧東居辺小学校の一部を店舗として活用しており、上士幌町産のハーブ牛を使ったハンバーグや、デミグラスソースの隠し味に自家製のはちみつを使うなど、こだわりの多いお店です。

今回はそんなtobachiの店長である斉藤達也様にお話していただきました。
生徒は土足で体育館に入ることに戸惑う様子も見られましたが、廃校ならではですね。



実際に巣箱からはちみつ採取する様子も見させていただき、さらには巣蜜を食べさせていただくという、大変貴重な体験をしました。



巣蜜は普段口にするはちみつよりも甘く、花の風味が感じられ、何度も味見する生徒もいました。
国産の熟成され糖度が高い、十勝養蜂園ならではの天然はちみつを味わうことができました。



いつも以上に生徒から質問が出たり、自分のおこづかいで十勝養蜂園にはちみつを買いに行こうと意気込む生徒がいるほど、魅せられたようです。
09:28 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234